患者さんの未来につながる言葉をかけて

 カウンセリングの研修を受けられた方の感想です。

 今までいろいろな勉強会で学んだことでも、とてもわかりやすくかつ新しい知識と一緒に学ぶことができて、あっという間の時間でした。最初に先生の生い立ちを説明していただいたことで、次の実践的な内容もぐっと引き込まれたような気がします。

 過去のことを掘り下げすぎると、辛い感情が増幅する、未来の見通しを患者さんに提供するようにしたほうがいい。

 私もカウンセリングでつい、過去のことを詳しく聞こう、聞こうとして話が長くなってしまうことがあります。ネガティブな気持ちのママ患者さんに診察を受けてもらうのではなく、当院ではあなたの気持ちをくみますよ、耳を傾けますよという姿勢を示すポジティブな言葉などでまとめて、患者さんにもポジティブな気持ちで治療に取り組んでもらおうと思います。

 質問のやり方もなるほどと、思いつつなかなかできないことなので、肝に命じておきたいです、患者さんの未来につながる言葉をかけていきたいです。