患者様への心配り

 PMTCの研修二回目を受けられた方の感想です。

 今回、私が一番に刺激を受けたのが患者様への心配りです。
 例えば、患者様へあいさつした後のお辞儀の仕方やタオルのかけ方やブランケットのかけ方、言葉づかいなど当たり前の事なのですがボーテさんはよりもっと丁寧に行っていて患者さんは安心して治療に望めるだろうなと思いました。
 
 私は挨拶の後のお辞儀も首だけで挨拶していたのでもっと腰を曲げて礼儀正しくすることに気付かされたのと椅子に座った時の脚の開きなど注意されて初めて気づいて、しっかり身に着けないといけないと思いました。

 あと私はフロスを通すのが苦手でいつも顔に飛んだりして悩んでいたのですが、フロスのやり方を教えてもらい、顔に飛ばなくなったのでこれからももっと上手になりたいなと思いました。
 PMTCではラバーカップの圧のかけ具合がとても難しくて自分が考えているより、強くしても良いみたいで、これから患者さんに行う時に気をつけないといけないと思いました。
 次回、歯肉マッサージやフロスなど完璧にして患者に安心して治療にいどんでもらえるようレベルアップしていけたらと思います、また次もよろしくお願いいたします。