「歯面清掃での固定指の位置、水洗のときの水を出す方向、リトラクターの装着方法、ホワイトニング薬剤の塗布拭き取り方など、改めてホワイトニングの技術の難しさを実感しました。」

ホワイトニングセミナーを受けられた歯科衛生士さんの感想です。

ホワイトニング講習を受けて

今回2回目のホワイトニング講習を受けさせていただきました。

前回の講習を受けて1週間たってからの講習でした。辻さんの話を聞いて、質問に対して考え答えていくうちに、1週間の自分の過ごし方は努力不足だったという反省点に気づきました。

また、講習を受けさせてくれている先生、講習中に患者さんのアシストやクリーニングなどを行ってくださっているスタッフの方々に対しての感謝の気持ちを改めて感じることができました。

恩返しをするためにももっと努力することが大事だということにも気づくことができました。

辻さんのお話の中では、コミュニケーションのポイントや患者さんの立場になって考えることの重要性、質問はどのように対応することで患者さんの質問の本心を聞き出すことができるのかを学ぶことができました。

話を聞いていくうちに、私も辻さんのように「会って話を聞いてほしい」と思われるような人になりたいと思い、会話をする際のポイントを活用することができたらいいなと思いました。

私は会話の中で、「〜のほう」という言葉を無意識に使っている癖があるという指摘をしていただきました。

今まで全く自分地震では気づかなかったのに、気づけたので良かったです。今度、会話の中で注意しなければならないと思いました。

前回の施術の流れを復習した際は、1週間の練習不足もあり改善されていないところがたくさんありました。
行動と発言を別にしなければいけないところも一緒になってしまっていたり、いまだに動作がぎこちなかったので、スムーズにできるようにならないとと思いました。

前回の講習では実践できなかった歯面清掃ー最後のシェードチェックまで一通り行うと、歯面清掃での固定指の位置、水洗のときの水を出す方向、リトラクターの装着方法、ホワイトニング薬剤の塗布拭き取り方など、改めてホワイトニングの技術の難しさを実感しました。

午後からは施術の流れを一通り読んでから、マニュアルを見ずに実際に施術を行いました。

覚えきれていない部分が多く、手順が逆になってしまっていたり、間違っていたこともたくさんありました。

一通り終えた後、患者役を行ってくださった辻さんがフィードバックをしてくださり、声かけを忘れていたところ、施術に夢中になってしまい、無意識にでていた癖など、たくさん改善点を指摘してくださいました。

普通は8分照射を45−50分で終える施術を3分照射で一通り行いましたが、全部終えると70分かかってしまっていたので、20分以上短縮させることが必要だと知りました。

施術の流れを思い出すのが時間ロスにつながり、一つ一つの動作にも時間がかかってしまっていたので、流れを覚え、動作をテキパキと丁寧に行うことで短縮させることができると考えました。
そのためにも何回も練習し、身に付けることが大切だと思いました。

リップの塗り方、エプロンのかけ方をどうするべきかも改めて学び、同じことで注意されることのないよう、今回注意いただいたことは次回までに改善し、褒めていただいたことはより良くなっていると思っていただけるように次回までに練習を積み重ねておきたいです。

今回の講習を受けて、今まで気づいていなかった自分のくせ、いろいろなアドバイスを受けることができ本当に良かったです。

また、講習を受けさせてくれている先生をはじめ、途中で患者役として協力してくださるスタッフの皆さん、親切に教えてくださる辻さん佐藤さん、周りの方々のおかげで講習を受けることができているという感謝の気持ちを忘れず、将来恩返しをできるようにするためにも講習で学んだことをしっかり身につけ、医院で役に立つことができるようにこれからも努力していこうと改めて感じました。

自分の目標をたてることもできたので、その目標を達成できるよう日々努力していきます。

koe2