声のトーンが暗く思われているみたいと言われ

 接遇セミナーを受けられた方の感想です。

 スタッフの方に自分の電話応対を聞いてもらうと、声のトーンが暗く思われているみたいと言われ、初めて気付かされました。電話応対は相手の顔の表情がわからなく、声だけになるので、もっと声のトーンを変えて、応対をしないといけないなと感じました。

 電話応対の時、決まったフレーズをすぐ見れるように貼っておくとスラスラでてくるので、しばらく紙を見ながら、忙しいとき、早口にならないようにゆっくりと応対をするように気をつけようと思いました。

 研修で学んだことをこれからスタッフ皆で話し合い、もっともっといい医院になっていくなといいなと思いました。先生に教えてもらったことを思い出しながら、日々の診療を勤めていきたいです。