1つ1つを丁寧にすることの大事さ

 接遇セミナーを受けられた方の感想です。

 本日のセミナーで感じたことは、特別感の大事さ、1つ1つを丁寧にすることの大事さです。今まで問診票のやりとりはテーブルを通してでしたが、やはり近くまで近づいて、患者さまとの距離を物理的に近づけて、できるだけ歯科医院という場所の不安や怖いイメージを取り除いてあげれたらなと思いました。

 受付業務は、復唱確認を心がけていますが、伝えることも多い分、喋り方が早くなってしまったり、マニュアルの喋り方になってしまっている事が多々あると思います。もっと会話をしているという意識をもって、患者さんも自分も気持ちよく業務に取り組めたらいいなと思いました。

 今回、実際受付の対応を先生に見ていただいて、アドバイスを沢山頂いたので、教えて頂いたクッション言葉を使いながら業務に繋げれるようにしていきたいです、
 あと、もし新しい人が入ってきた時に、上手に教えれるように、しんどくならない程度のマニュアルも作成出来たら良いなと思いました。