「まず、手順の少なさ、簡便さに驚きました。」

矯正歯科でホワイトニングの導入研修を受けられている歯科衛生士さんの感想です。

オフィスホワイトニングについては、教科書上で使用している薬剤、手順をさらっと学んだ程度でした。

まず、手順の少なさ、簡便さに驚きました。

死肉保護を行うことを含め、手順が20ぐらいあったイメージでした。
ですが、「患者さん」ではなく「お客様」として扱うことによって、お客様に良い時間を過ごしていただくために工夫や空間づくりをすることが大事だとわかりました。

矯正は、やはり痛いこともあるし、口唇を引っ張ったりして少しの時間ですが患者さんに苦痛を与えることもあります。
アポが多いと、とりあえず治療を行うということで、ホワイトニングの講習で受けたみたいに丁寧に行うことが二の次になっています。

同じ審美に向かってやっていることですが、やっている方の気持ちが全然違うなぁと思いました。

ホワイトニングはDrではなく、DHがやるので、時間内で最初から最後までついて、施術できるので、私はその空間が好きだなぁと思いました。

もともとホワイトニングに興味があって、○○でアルバイトしていなかったらホワイトニングに進んでたと思うくらいなので、しっかり技術を身につけ、一人で施術できるまで頑張りたいです。

IMG_1481

koe2